Hinweis: OPC Optics erwirbt Markenrechte an Meyer Optik Görlitz nach Insolvenz der Koblenzer net SE.

Forderungen gegenüber der net SE verbleiben bei der net SE. Kunden und Lieferanten müssen sich bezüglich dieser Angelegenheiten an den Verwalter der net SE wenden.

Insolvenzverwalter: Kanzlei Lieser - Dr. Alexander Jüchser - Josef-Görres-Platz 5 - 56068 Koblenz - Tel.: +49 (0) 261 304790 - Fax: +49 (0) 261 9114729 - Email: info@lieser-rechtsanwaelte.de - Web: http://www.lieser-rechtsanwaelte.de




Pressemitteilung zur Übernahme der Markenrechte aufrufen.

Ein Kauf von Objektiven über diese Seite ist nicht mehr möglich. Ein neuer Internetauftritt erwartet Sie Anfang 2019.

Bei Fragen zum Thema "Neustart Meyer Optik Görlitz" nutzen Sie bitte nachstehende Kontaktdaten. Dies können Sie auch tun, wenn Sie Interesse daran haben ein Objektiv zu erwerben.


OPC Optical Precision Components Europe GmbH
Mainzer Strasse 32
55545 Bad Kreuznach
Telefon: +496718876970
E-Mail: support@opc-optics.de

Note: OPC Optics acquires trademark rights in Meyer Optik Görlitz after insolvency of Koblenzer net SE.

Debts from net SE remain with net SE. Customers and suppliers must therefore contact the administrator of net SE regarding these matters.

Insolvency administrator: Kanzlei Lieser - Dr. Alexander Jüchser - Josef-Görres-Platz 5 - 56068 Koblenz - Phone: +49 (0) 261 304790 - Fax: +49 (0) 261 9114729 - Email: info@lieser-rechtsanwaelte.de - Web: http://www.lieser-rechtsanwaelte.de




Press release on the acquisition of trademark rights.

A purchase of lenses via this site is no longer possible. A new website awaits you at the beginning of 2019.

If you have any questions about "Re-start Meyer Optik Görlitz", please use the contact details below. You can also do this if you are interested in purchasing a lens.


OPC Optical Precision Components Europe GmbH
Mainzer Strasse 32
55545 Bad Kreuznach
Phone: +496718876970
E-Mail: support@opc-optics.de




歴史

Meyer Optik 1896~2016年

Made in Germany

  • 高品質のマテリアル
  • 高効率
  • 持続可能な製造
  • 徹底した品質検査

 

Meyer_Aristostigmat_4,6-210_snr_508105_top

ソース:著者 Trinitrix ライセンス CC BY-SA 3.0

Meyer-Optik-Görlitzについて:伝統によって蘇る近代性

Meyer-Optik-Görlitは波乱万丈な歴史を潜り抜けてきました。ザクセン州のゲーリッツに拠点を置く当社は、ドイツの東西分裂においても、状況が許す限り、早くから革新的な高品質レンズを製造し続けてきました。

蘇る伝説

Meyer-Optik-Görlitzブランドを復活させることによって、Globell Deutschlandはこの由緒ある企業の軌跡をたどるだけでなく、ドイツ製の高品質な製品を手頃な価格で提供する伝統を継承しています。そして今日、選び抜かれた材料、革新的な製品設計、細心技術、光強度、個性の強さが、これらの製品の成功のための、強力な基礎を形成しています。

Meyer-Optik-Görlitz: 波乱万丈な歴史によって生み出されたレンズ

1896年、Hugo Meyer&Coは眼科医Hugo Meyer(フーゴ・マイヤー、1863年5月21日〜1905年3月1日)とビジネスマン、Heinrich Schätze(ハインリッヒ・シェッツェ)によって設立されました。同社は、広角アリストティグマットレンズの開発と後のEuryplan(オイリプラン)の製造会社、Optical Institute Schulze and Billerbeck(シュルツェ・ビラ―ベック工学研究所)の買収によって成功を収めました。

黄金時代

1920年に以前からProter、Planar、Tessarレンズの成功に携わっていた元Zeiss開発者のPaul Rudolph(パウル・ルードルフ)との共同作業を決定した際に、企業の意思決定がなされます。ルードルフ氏はMeyer Optikに、世界でも有数の最も強力なレンズである、いわゆるプラスマットレンズの特許を取得しました。1936年、社名はOptische und Feinmechanische Werke (オプティッシェ・ウント・ファインメヒャーニッシェ・ヴェルケ)Hugo Meyer&Coに変更され、年間約10万枚のレンズを製造しました。第二次世界大戦中、民間生産は中止され、主に望遠鏡用の光学部品が製造されました。

戦後

戦後、同社はザクセン州軍備産業と経営陣からVEB Optisch-Feinmechanische Werke Görlitz(オプティッシュ・ファインメヒャニッシェ ヴェルケ・ゲーリッツ)の名の下で収用されました。戦後、同社はではドレスデンのカメラメーカーWelta、Balda、Beier、Altissaが製造したビューファインダーカメラ用のTrioplanトリプレットが主に製造されました。VEB PentaconおよびVEB Carl Zeissの共同体に統合されると、1971年以降、Meyer-Optikの名前はレンズに記されなくなりました。高品質なズームレンズの製造に必要な機器の調達が出来ず、Carl Zeissが製造した競合モデルに代わって多くの製品が廃止されました。

90年代

1990年にFeinoptische Werk GorlitzはVEB Carl Zeissから分離独立し、民間有限会社に変更し、Meyer-Optikのロゴをつけたレンズの製造を開始し始めました。しかし、同社は民営化の努力もむなしく、投資家からの投資を受けられず、間もなく解散してしまいます。

2014年にnet SE はMeyer-Optikブランドn採用を決定します。

  • 1896年 - 眼科医フーゴ・メイヤーとビジネスマン、ハインリッヒ・シェッツェによってゲーリッツに会社が創設される
  • 1900年 - 特許を取得したAristostigmat (アリストスティグマート)レンズによる初期の成功
  • 1911年 - アリストスティグマート広角レンズの開発とユーリプランレンズのメーカーとして知られていたOptische Anstalt Schulze und Billerbeckの買収
  • 1920年 - Protel、Planar、Tessarレンズの成功に携わっていた元Zeiss開発者、Paul Rudolphとの事業提携を決定ルードルフ氏はまた、 Meyer-Optikに世界最強レンズの一つ、Plasmat(プラズマート)レンズの特許権を付与する。
  • 1923年 - 一般的に財政の苦しい1年間で、Gorlitzに拠点を置く同社は新しい工場に移り、その後、数社のメーカーのOEMメーカーとしての地位を確立する。
  • 1930年 - 1930年代にはMeyer-Optik-Görlitzではすでに幅広い高品質の互換交換レンズが揃う。これらのレンズのほとんどは、競合Zeissのレンズよりもわずかに安い価格で提供されていた。
  • 1936年 - "Optische und Feinmechanische Werke Hugo Meyer&Co."に改名この時点で、毎年約10万枚のレンズを製造するようになる。
  • 1942年 - 戦争のため、民間による製造が中止される。戦時中は主に望遠鏡用の光学部品が製造される。
  • 1945年 - 戦争末期に生産施設はグリュンハイニヒェンの鉱山に移設され、1945年にゲーリッツに返還される。グーリッツでは拡大鏡やドアの取り付け部品などの日用品が生産される。
  • 1946年 - ザクセン州軍備産業と経営陣からVEB Optisch-Feinmechanische Werke Görlitz(オプティッシュ・ファインメヒャニッシェ ヴェルケ・ゲーリッツ)の名の下で収用される。 工場設備の解体
  • 1948年 - ドイツを占領したソ連の軍事政権によって収用が合法的に承認され、その後、工場は計画経済の一環としてVVB Feinmechanik und Optikに割り当てられたVEB Feinoptisches Werk Goritzに改名される。
  • 1949年 - 戦前のダブル・アナスティグマートを開発し、ヘリオプランが誕生する。
  • 1952年 - フッ化マグネシウムによる反射防止コーティングの導入。 この時点で、レスデンのカメラメーカーWelta、Balda、Beier、Altissaが製造したビューファインダーカメラ用のTrioplan トリプレットが製造される。 この時点で、互換レンズはちょうど5種類であった。
  • 1959年 - 写真用レンズの高速絞り調整に関するドイツ特許(No. 1089258)を取得
  • 1961年- 5枚構成の望遠レンズ特許(第1251971号)を取得
  • 1964年 - 4枚のプラスチックレンズ(No.12524843)から構成される補正レンズの特許を出願
  • VEB PentaconおよびVEB Carl Zeissの共同体に統合されると、1971年以降、Meyer-Optikの名前はレンズに記されなくなりました。集中化の結果、Meyer-Optikの専門技術が徐々に低下しました。 高品質なズームレンズの製造に必要な機器の調達が出来ず、Carl Zeissが製造した競合モデルに代わって多くの製品が廃止されました。
  • 1990~1991年 - Feinoptische WerkGörlitzはVEB Carl Zeissから分離独立し、GmbH(ドイツの民間有限会社)に転換される。間もなく再びMeyer-Optikのロゴ付きレンズの製造が開始される。民営化の努力にもかかわらず、同社は投資家を獲得することができなかった。1991年6月30日、Feinoptische Werk Görlitzは、旧東ドイツ企業の民営化担当機関であるTreuhandanstaltによって弁済される。
  • 2014年 - 9月にGlobell Deutschlandが見本市Photokinaにおいて新しいレンズをMeyer-Optik-Görlitzの名前で展示し、同年12月にレンズの販売を開始する。

レンズをMeyer-Optik-Görlitzの伝統の中で製造する意味

Made in Germany の品質
レンズ部品はドイツと世界から調達されます。これにより、リーズナブルな価格で最高の技術を提供することが可能になります。Meyer-Optik-Görlitz のレンズはドイツで組み立てられていますが、さらにドイツで厳密な品質検査を行い、測定し、精密に調整されます。このため、すべてのレンズは厳しい検査を受けた後、Made in Germanyの承認と品質保証のシールに相応しい品質を備えています。出荷される各レンズには検査証明書が付いており、5年間の保証が約束されています。

peterskirche_goerlitz

ソース:著者MGA73bot2 ライセンス GFDL

創業1896年以来の正真正銘の職人技 イメージ品質 - 精密 - 耐久性

画像ギャラリー - 歴史:

  • 歴史1
  • 歴史2
  • 歴史3

ソース:著者 (Image1) Imalipusram ライセンス CC BY-SA 3.0 de - 著者 (Image2) Trinitrix Licence CC BY-SA 3.0 - 著者 (Image3) Trinitrix ライセンスCC BY-SA 3.0